グーグルアドセンス基礎編:他の広告との違い(成果報酬型)

This post is also available in: ja日本語

グーグルアドセンス

近年ではインターネットを通して副業を行い、いくらかの収入を得ている人が多くなっています。

ネットで収入を得るための方法には色々なものがありますが、それらの中でも最近特に大きな話題となっているのがグーグルアドセンスです。

グーグルアドセンスとは何かを簡単に言うと、ブログに載せる広告のようなものです。

グーグルアドセンスによって一ヶ月に何万円も稼げたといったような夢のある話を、ネット上の書き込みで目にしたことがあるという人は少なくないでしょう。

その反面、残念ながら期待したほど稼げなかったと不満を述べている人も少なからずいます。

そのように異なる感想が出て来るのは、グーグルアドセンスが一般的な広告とは異なり、クリック報酬型というシステムを取っているからです。

一般的な広告は、ただ単に掲載することによってお金が入ります。

しかし、グーグルアドセンスでは広告をただブログに掲載しているだけでは収入が得られず、訪問した人にその広告をクリックしてもらえれば収入が入るのです。

しかし、ネット上の広告には成果報酬型という種類のものもあって、それに比べるとグーグルアドセンスは収入が得られやすい方だと言われています。

成果報酬型の広告

成果報酬型の広告は、もちろん掲載しているだけでは収入にならないどころか、そのブログを訪問した人にそこをクリックしてもらえてもまだお金は入りません。

広告をクリックしてジャンプした先で実際に商品を購入したり、有料サービスの提供を受けたりなど、お金が発生する契約が成立して初めて、

ブログの開設者に収入が入るという仕組みとなっているのです。

つまり、成果報酬型の広告は、グーグルアドセンスのようなクリック報酬型の広告と比べると、収入が得られるまでのハードルが高いと言うことになります。

そのように収入が得られるまでのハードルが高い分、成果報酬型の広告は単価が高い傾向があります。

そのようなことからすると、クリックしてもらえたるだけで良いグーグルアドセンスの方が、ネットビジネスにまだ慣れていない人に適していると言えるでしょう。

Posted by さと