グーグル広告:広告キャンペーンの作成と設定

This post is also available in: ja日本語

広告キャンペーン

インターネット検索大手のグーグルは、サービスの一つとしてAdWordsを提供しています。

このAdWordsはグーグル広告とも呼ばれ、インターネットで集客効果を生み出す選択肢となりました。

グーグル広告を一言でいうと、Webサイトの閲覧者がクリックした場合に費用が発生する、クリック課金型の広告だと説明できます。

広告主向けに提供されるこのサービスは、検索エンジンの検索結果や、広告掲載サイト上で最適な掲載が行われるのが特徴です。

最適なユーザーに対して、最も適した広告を選び表示しますから、無駄のない広告掲載ができるというわけです。

低予算でも広告の出稿ができるので、既存のコストの圧縮にも繋がりますし、予算が限られてても集客や宣伝効果が得られます。

また、特定のターゲット層にだけ広告が発信できるので、より効果的な広告掲載が実現します。

時間帯や地域を決めた出稿も可能ですし、広告内容の変更は何時でも自由ですから、まさに広告主にとってこれほどまでにない魅力が満載です。

何より、知名度の高い有名なサイトにも出稿可能で、しかも安価で済むのがグーグル広告の良いところです。

 

アカウントを作成して準備を済ませたら、グーグル広告の簡単な使い方で広告の出稿が完了します。

アカウントの登録完了後には、予算やターゲットに入札単価、そして広告の本文を設定していくことになります。

支払い方法の選択も求められますから、名前や住所と一緒に設定して登録を完了しましょう。

まずは効果が望めるキーワード一覧の作成を行い、誰にアプローチしたいのかを念頭に、効率の良い設定を行うのが肝心です。

広告キャンペーンの作成と設定においては、地理的な条件も重要な鍵を握るので、

特定エリアで営業を行う店舗などでは特に重視して設定内容を決めます。

キーワードの段階で躓いている場合は、キーワードツールの力を借りて検討を進めるのもありです。

選択の候補をリストアップしてくれるので、迷っている時にこそ真価が発揮されるツールです。

キャンペーンには、検索ネットワークやディスプレイネットワーク、あるいはショッピングに動画など選択肢が豊富にあります。

いわば広告の対象がこれで決まるわけですから、説明に良く目を通して選択や決定を行いたいものです。

グローバルな広告を希望するのでなければ、言語設定は日本にするのが無難で、必ず忘れずに済ませておきたいところです。

グーグル広告の簡単な使い方、それに広告キャンペーンの作成と設定の中でも、

単価と予算はコストや効果に直結しますから、最適な値を導き出して設定するのが理想的です。

Posted by さと