ディスプレイ広告(Google AdWords)

This post is also available in: ja日本語

ディスプレイ広告とは

グーグル広告(Google AdWords)とは、一言で言うと、グーグルによって提供されているクリック課金の広告サービスのことです。

このグーグル広告(Google AdWords)を使うと、大きく分けて二種類の広告を低コストで、しかも気軽に出稿することができるようになると言われています。その一つがディスプレイ広告です。

ここで言うディスプレイ広告とは、グーグルが提携している様々なブログやサイトなどに掲載することができる画像広告、もしくはテキスト広告のことであると考えてよいでしょう。

例えば、グーグル広告(Google AdWords)から広告を出稿する場合、グーグルの検索結果ページの上部に表示されるテキスト広告だけを出すのか、

それともディスプレイ広告をも出すのかを選択し、設定することができます。

気になる料金については何と言えるのでしょうか。グーグル広告(Google AdWords)の料金は、自分が出稿した広告をユーザーがどれだけクリックしたかに基づいて支払うことになっています。

このようにクリック課金制になっているため、ユーザーによるクリックがなければ料金が発生することはなく、無駄なコストを支払う必要が生じないというメリットがあると言えます。

こうした特徴を念頭に置いて、特に自分たちがターゲットにしているユーザーのみがクリックするよう、広告の文章やキーワード、さらには出稿のWebサイトなどを注意深く選ばなければなりません。

さて、もう一つ考えておきたいのは、グーグル広告(Google AdWords)はなぜそれほどの人気を集めているのか、という点です。

幾つかの理由が考えられますが、最大の理由は何と言っても低予算で広告を出稿できるということです。既に取り上げたように、クリック課金制であるため、クリックがなければ費用も発生しません。

特に上限キャップを決めて広告を出稿できるため、余分な費用がかからず低予算に抑えることができるというメリットがあるのです。

また、ターゲットユーザーを選んでアプローチすることができるという良さもあります。

その際、検索キーワードをターゲットユーザーに合わせて上手に選ぶことが必要です。

さらに、グーグル広告(Google AdWords)でディスプレイ広告を出す場合、配信した後でも停止や修正などを簡単に行なうことができます。

その点、一度出してしまったら修正ができない紙による広告とは大きく異なっているのです。

Posted by さと