グーグル広告:最初のキャンペーンの作成

This post is also available in: ja日本語

キャンペーンはグーグル広告を管理の単位

グーグル広告は、自分が提供しているサービスや商品をGoogleで探しているときにユーザーに近づくことができます。

ユーザーが広告をクリックしてウェブサイトに行ったり、電話を用いて問い合わせを実施したときだけ広告料金が発生するという仕組みです。

グーグル広告を利用することでいくつかの利点があります。

一つ目はよりたくさんのユーザーを引き付けることです。

ウェブサイトを訪れる人が増えることで売り上げを増加させたり、電話による連絡が増えたり、何度も購入してくれる常連の人が増えたりします。

ビジネスをしたいと考えているときに役立ちます。

二つ目は販売したい地域を詳細に設定できることです。

国はもちろん都市や地域といった細かい単位で範囲を定めることができます。

さらに拠点店舗がある場所から決められた距離の範囲にあるエリアを設定することもできます。

三つ目は条件にぴったりと合うユーザーに、ふさわしい場面ですることができる点です。

ユーザーが自分が提供しているサービスをGoogleを用いて調べているときに広告を表示することができるので、

高い宣伝効果が得られます。四つ目はサポート体制が充実していることです。

グーグル広告は自分でキャンペーン管理をすることが可能となっています。

その際に分からないことや不安なことがあった場合は、サポートセンターに連絡して聞くことが可能です。

 

登録から出稿の流れはいくつかの段階があります。

まずはグーグル広告のアカウントをつくります。国名や通貨などといった入力が求められるので、正確に入力するようにしましょう。

その作業が終了したら、次は最初のキャンペーンの作成です。

キャンペーンはグーグル広告を管理するために必要な基本単位のことで、広告を載せたいと思っている地域やネットワーク、

一日の予算などといったことを指定することができます。

指定し終わったら広告の作成に入ります。Googleの検索結果が表示されるページやパートナーサイトに載せたい広告などをつくることが可能です。

いつでも新しい広告を後から追加することができるので安心です。

Googleの検索結果ページやパートナーサイトに掲載する広告を作成します。

ここでは、まずテキスト広告を作成します。追加の広告は、後でいつでも作成できます。

より効果が高いテキスト広告をつくりたい場合はサービスや商品の売り込みたい部分や特長をしっかりと書いておくことが大切です。

その後キーワードを定めてお支払情報の入力に移ります。記入漏れなどがなければすぐに出稿できます。

Posted by さと