グーグル広告:最適な予算の判断

This post is also available in: ja日本語

グーグル広告

Google AdWordsには、リスティング広告とディスプレイ広告の2種類があります。

リスティング広告とは、Googleで検索をしたときに結果ページの上部に表示される広告です。

特徴はユーザーが検索したキーワードに合わせて表示されることで、高い効果を期待できるとされています。

ディスプレイ広告とは、Googleが提携しているサイトやブログなどに表示されるバナー広告です。

サイトやブログの内容に合わせて表示されるので、こちらも高い効果があると言われています。

グーグル広告の簡単な使い方では、キーワードの選定が重要なポイントです。

出稿したい広告と無関係なキーワードを選定すると、効果も小さくなってしまいます。

しかし初めて出稿するときには、キーワードの選定で頭を悩ますでしょう。

そこでグーグル広告の簡単な使い方で活用したいのが、キーワードプランナーです。

運用ツールにあるキーワードプランナーを使えば、誰でも選定するキーワードの候補を取得できます。

キーワードを打ち込むことで最適な候補を提案してくれるので、キーワードプランナーは積極的に活用しましょう。

選定するキーワードが決まったら、次のグーグル広告の簡単な使い方は最適な予算の判断です。

使用できる予算には限りがあるので、コストと効果のバランスを考えながら決めなければいけません。

しかし最適な予算の判断も、経験が不足しているとバランスを見極めるのが難しいでしょう。

そこで再び活用したいのが、公式ツールのキーワードプランナーです。

キーワードプランナーの予測データ取得機能を使うと、平均クリック単価・クリック数・コストなどの予測データを閲覧できます。

取得した予測を元に最適な予算の判断をすれば、コストを抑えつつ最大限の効果を得ることが可能です。

キーワードの選定と最適な予算の判断が終了すれば、最後に広告キャンペーンの作成と設定です。

管理画面の上部にあるキャンペーンタブから広告の種類を決めて、作成画面に移動しましょう。

作成画面では、基本的に画面の指示に従いながら設定していけば問題ありません。

キーワードの選定からキャンペーンの広告まで、グーグル広告の簡単な使い方を説明されてもわかりにくいかもしれません。

しかし一度でも使ってみれば、次回からはスムーズにキャンペーンの設定までできます。

グーグル広告に出稿を考えているなら、まずは試しに触って使い勝手を確かめてみると良いでしょう。

Posted by さと