情報商材のアフィリエイトの方法とその特徴:ワードプレス/MT/HTMLサイトとの違い

This post is also available in: ja日本語

ワードプレス/MT/HTMLサイトとの違い

運営・管理のしやすさで言えば圧倒的にワードプレスです。ただし、このようなサービスがなくなったり、

現在は無料で使えるが将来有料サービスになったときにサイトを続けられなくなるというのがデメリットでしょう。

HTMLのほうはほぼ不変の技術ですので、一度身につけておけば将来もずっと使えることが期待できます。

また、セキュリティ面でもHTMLのほうが優れているそうです。安全面の脆弱性というのは個人のブログ程度ではあまり気にならないことですが、

高額な収入を得るようになってきたらとても重要になります。高額収入を出しているサイトをハッキングされたらお金を失うのと同じでしょう。

次にワードプレスとMTの違いについて解説します。両社の違いを説明するうえで必ずあがるのは有償か無償かという点です。

ワードプレスは無償で使えますが、MTのほうは有償です。開発言語がPHPかPerlかという点は利用者にとってはあまり気にならない問題でしょう。

コンテンツの生成は基本的にワードプレスは動的生成、MTは静的生成ですがプラグインを使うことで両方できるようになります。

プラグインの充実度、テーマの充実度ではワードプレスに軍配が上がります。

どちらのCMSもメリット・デメリットがありますが、小規模なサイトならワードプレスが良く、大規模で複雑なサイトならMTというのが大雑把な基準となるでしょう。

初心者がアフィリエイトで稼ぐときには圧倒的にワードプレスのほうがおすすめですね。CMSのうち特に有名なのがMTとワードプレスです。

CMSはコンテンツ管理システムのことですが、まずはCMSとHTMLサイトとの違いを解説しましょう。CMSは簡単に言うとブログのようなものです。

HTMLやCSSの知識が全くなくてもそれなりに綺麗なサイトを作ることができます。管理画面にログインして記事を書くだけなので使用難易度はブログと同じレベルです。

MTはワードプレスが普及する前に代表的だったCMSですが、今ではワードプレスのほうが利用者数が多いです。

HTMLやCSSはそれなりに難易度が高い割に、その努力がアフィリエイト収入に直結しにくいという問題点があります。

ただホームページを作ればいいというわけではなく、収入を得られるサイトを作成しなければならないのでしっかりと勉強した上で作成する必要があるからです。

その努力の過程をスキップできるCMSは初心者にはありがたいサービスであり、ぜひ有効活用しましょう。

CMSとは

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システム(コンテンツ管理システム)の略称で、

簡単にいえばHTMLなどのWeb専門知識がない方でも、簡単にホームページの作成・更新・運営ができるシステムのことです。

HTMLとは

HTMLとは、Webページを記述するためのマークアップ言語。文書の論理構造や表示の仕方などを記述することができる。

W3Cによって標準化が行われており、大半のWebブラウザは標準でHTML文書の解釈・表示が行える。

Posted by さと