グーグルアドセンス基礎編:問い合わせ先について

This post is also available in: ja日本語

サポートセンター

グーグルアドセンスでは、何かしらの問題が生じた際には原則としてヘルプやサポートセンターでユーザー自身が解決することが推奨されていますが、スタッフに問合せを行なう際にはアドセンスによる収益の実績に応じて対応が異なります。
継続的に最小用件である週25米ドル以上の収益を上げているユーザーはサポートの対象となり、メールやヘルプセンターのフォームからサポートを利用したり問合せにも応じてもらえるようになります。
なお、2014年3月以降はグーグルアドセンスをYoutubeパートナープログラムで使用して収益を上げた分は、この25米ドルにカウントされなくなったので注意が必要です。
サポート対象のユーザーはヘルプセンターの各ページにある「お問い合わせ」ボタンをクリックするとフォームが表示されるので、必要事項を入力して送信すれば通常は2営業日以内にグーグルのスタッフから返信が届きます。

月間ページビュー数で対応が変わる

フォームには氏名、メールアドレス、電話番号、法人の場合は会社名、国を入力するほか、チェックボックスをオンにして連絡希望時間帯を選択することもできます。
また、月間ページビュー数が300万回以上のサイトを管理している代理店、または月間ページビュー数が30万回以上のサイトを運営している一般ユーザーには専任のアドセンススペシャリストが就任し、専用のフォームから問合せをすれば担当者が対応してくれます。
問合せ内容によってはアカウントのセキュリティの確保やアカウント固有の情報を確認するなどの目的から、身分証明書の提出が求められる場合があります。
ヘルプセンターのフォームから問い合わせを行った際にはサポートの対象となるか否かについて、ユーザーの過去5週間のアドセンスの収益が確認されます。
そこで収益が週25米ドルに満たないと判断された場合にはサポートを受けることができません。
この場合は既知のソリューションが公開されているヘルプセンターやトラブルシューティング、ユーザー同士が質問したり意見交換を行うコミュニティを利用して自身で問題解決をする必要があります。

Posted by さと