グーグルアドセンスお金編:クリック単価の決定方法は?

グーグルアドセンス

ネットビジネスでグーグルアドセンスを利用している人は多いです。

グーグルアドセンスで稼ぐ場合はクリック単価が重要になります。

クリック単価とは広告単価でCPCとも呼ばれます。

CPCはジャンルによって違います。

システムがオークション形式になっているので、競合者が多いキーワードを扱っているサイトの方が単価が高くなる傾向にあります。

高くなる傾向にあるといっても、必ず高くなるわけではないです。

グーグル側は成約率をチェックしているので、単価が下がらないようにコンテンツの充実を常に頭に入れておく必要があります。

良い顧客を送っている場合は、クリック単価が上がりやすいです。

広告主はどのサイトからどのくらいクリックされているかをチェックすることができます。

どのサイトを経由したユーザーが商品を購入してくれたかもわかっています。

購入率の高いユーザーを送ってくれるサイトのCPCが上がるのは当然のことです。

あるサイトから訪問した人の購入率が悪い場合は単価を下げることもあります。

購入率が低いユーザーばかりを送っていたり誤ったクリックが多いサイトは注意が必要になります。

グーグルアドセンスはアフィリエイトとは異なりクリックされることでお金が発生します。

広告主の利益を守るためにも広告主にとってよいユーザーを送ってくれるサイトを優遇するわけです。

グーグルアドセンスのクリック単価は平均が約30円で、クリック型広告の中では単価が高いことで知られています。

CPC高く設定されているジャンルを意識してサイトを構築すれば、アドセンス単価を上げることが可能です。

金融や美容、求人サイトは比較的クリック単価が高くなっています。

中にはクリック単価が1000円に達するケースもあります。

単価が上がれば収益も上がるので、単価を上げたい場合は広告単価の高いジャンルに絞ってサイトを作ることが大切です。

常にジャンルを意識しながらサイトを構築するようにすれば、クリック率の改善にもつながります。