アドセンスの掲載方法について

掲載方法

グーグルアドセンスの審査に合格した場合には、

適当なブログやウェブサイトに広告を貼り付ける作業に移ります。

具体的な掲載方法ですが、アドセンスの公式サイトにログインすると、

画面の左側にいくつかのメニューが表示されるはずですので、

このなかから広告の設定とあるメニューをクリックします。

ブログなどで広告を掲載する位置をあらかじめ決めておきたい場合には、

広告ユニットとあるサブメニューをクリックして、

ここから新しい広告ユニットを作成します。

広告ユニットは広告が表示される枠のことをいい、

広告の種類や寸法、色合いなどをこのメニューから決めることができます。

 

テキスト広告とディスプレイ広告

一般的なのはテキスト広告とディスプレイ広告と呼ばれる種類です。

そのほかにもリスト状に表示されているコンテンツに溶け込むインフィード広告、

ページの文章の段落の間に挿入される記事内広告、

サイト内の他のページを紹介する画像や文章とあわせて広告が

表示される関連コンテンツといった種類があります。

いずれか適切なものをクリックした上で、ユニットの名前やサイズ、

文字色などのスタイルなどをそれぞれ入力または選択して保存すると、

専用の広告コードを取得することができます。

この広告コードをコピーして、

ブログなどの広告を掲載したい部分のソースコードに貼り付けると、

あとは自動的にアドセンス広告の配信が開始されます。

そのほかにも最近のアドセンスには自動広告という機能も登場しています。

こちらもメニューなかの自動広告とある部分をクリックして、

専用の広告コードを取得します。

自動広告はグーグルのコンピュータがサイト構造や書かれている内容などを解析した上で、

自動的にふさわしい位置に広告を掲載してくれる機能のことをいいます。

そのため広告ユニットのようにいちいち場所を決める必要はありませんが、

代わりに自動広告を掲載したいページのヘッダ部分に指定された広告コードを

貼り付けておく必要があります。