グーグルアドセンス基礎編:審査を通るためには

審査を通るためには

グーグルアドセンスの審査を通るためには、自分でウェブサイトやブログを持っていなくてはいけません。
ただこうしたウェブサイトはどのようなサイトであっても良いというわけではなく、
きちんと基準を満たしているサイトでなくてはいけません。
特に、アドセンスに関しては審査が厳しいため、
サイトを持っていたとしても中身のないサイトでは登録することができなくなってしまいます。

そのため、アドセンスを利用したいと考えている場合には、
まずコンテンツが重質している自分専用のブログやサイトを手に入れる必要があります。
この時に、重要になるのがきちんとオリジナルのドメインを取得してサイトを構築することです。
サイト構築する時には無料でサイトを利用できるようなものではなく、
独自ドメインを取得してサイトを構築していく必要があるのです。

基本的に、サーバーには不特定多数のユーザーが利用できる汎用性のあるサーバーと、
一部のユーザーしか利用することができないレンタルサーバーや専用のサーバーが存在します。
アドセンスを利用したい時には汎用性のあるサーバーではなく
後者のレンタルサーバーや専用のサーバーを利用しなくてはならないというわけです。
これはグーグルが決めていることでもあるため
無料のサーバーを利用して登録しようとしても拒否されてしまいます。
またコンテンツ内容に関しても注意をしなくてはいけません。

厳しい処置

グーグルはルールを守っていないサイトに対しては、
厳しい処置を行っていますのでコンテンツ内容がアドセンスにふさわしくないと考える場合には
そのようなサイトに対して審査の許可を出すことはないのです。
一般的に禁止されているコンテンツは、例えばアダルトコンテンツであったりギャンブルを題材としているようなケースです。
公序良俗に反しているようなものは基本的にダメなので、この点を理解しておく必要があります。
また忘れてはいけないのは、審査に通った後の対処です。

審査に通った後でもサービスにふさわしくないと考える場合には広告を停止しており
サービスそのものを利用することができなくなるような対策が講じられます。
そのため審査に通ったからといってコンテンツ内容を勝手に変更しないように気をつけておくことです。
実際に、審査に通った後にコンテンツ内容を勝手に変更するユーザーは多いです。
従来まではこれでも通りましたが、近年ではこういったことはマイナスになりかねないので気をつけておくことです。

Posted by さと