グーグル広告って?(Google AdWords)

ウェブ広告

ウェブサイトを利用して収益を得るためにはウェブ広告の存在が欠かせませんが、ウェブ広告について触れていると切っても切れない関係性である事が理解できるのがグーグル広告です。

馴染みが無い方においてはグーグル広告って?という疑問を抱きやすいですが、

グーグル広告は名称からもわかるように世界で最も利用者数が多い検索エンジン最大手のGoogleが管理し提供しているクリック課金型の広告です。

サービスを利用すると、Googleを用いて検索ワードを入力した際に表示された検索結果や、提携済みのウェブサイトやブログにアクセスした際に広告が表示されるようになります。

表示される広告の種類はテキスト形式の他にイメージ広告や動画広告、リッチメディア広告という4つから成ります。

そして、グーグル広告に関して特徴的な事柄として挙げられるのは、クリックが行われた回数に入札単価を掛けて計算された金額を支払うというクリック課金型を採用している様子です。

利用に際してグーグル広告って?という疑問を抱いた時に念頭に置いておくべき事は、広告が掲載される箇所は2箇所に分かれているという事実であり、

それは検索結果の上部と提携済みのウェブサイトにおける広告表示欄です。

1つ目はインターネットユーザーがGoogleを利用して検索欄に検索ワードを入力した際、

最上部に表示される形式でありグーグル広告の中で最も多くの人々の目に触れやすいという強みがあります。

出稿を希望している方がキーワードを予め指定して掲載依頼をする事ができる上、

各ユーザーが実際に検索しているという事も相まって非常に高いクリック率が期待できますし、必然的に収益性も高くさせられます。

提携済みのウェブサイトに表示させる形式

もう一方の提携済みのウェブサイトに表示させる形式については、キーワードを検索しただけでは目に触れる事ができないものの、

同種の情報を公開しているウェブサイトに表示されるという特性からウェブサイトにアクセスした方々からのクリック率は高く見込めますし、

他者が管理し公開しているページに表示されている様子から、高い信頼性が与えられるという強みもあります。

世界で最も利用者が多い利用者数が多い検索エンジンに広告掲載をするとなれば、やはり誰もが気がかりになるのは広告掲載料についてであり、

グーグル広告って?という疑問に答えられるほど仕組みを理解しているものの掲載に至っていない方も少なくないですが、

グーグル広告はクリック課金型であるが故にクリックされた回数を元にして金額が決まります。

そのため、クリックが行われなければ費用が生じる事は無いので、出費のみが嵩んでいくという心配は無用です。