リスニング広告(Google AdWords)

グーグル広告(Google AdWords)とは

グーグル広告(Google AdWords)とは何かというと、グーグルの広告ネットワークを利用して、提携しているウェブサイトやブログ等に広告が掲載されるというもので、

リスニング広告とも言われています。リスニング広告とインターネット上で何か検索をした時に、そのワードに応じて検索結果画面に表示される広告の事です。

このグーグル広告(Google AdWords)にはいくつか種類があります。例えばグーグルの検索エンジンを利用して、ユーザーに広告を表示させる検索連動型広告や、

沢山のウェブサイトやアプリに広告を表示するディスプレイ広告、有名動画サイトを視聴するユーザーに表示する動画広告等色々種類があるので、

その中から自分に合ったものを見つけて、そのシステムを利用すればより効率的に広告を狙ったターゲットに出す事が可能です。

グーグル広告(Google AdWords)を利用するメリットは色々あります。まず業態に合った幅広いキーワードを出稿する事で、ピンポイントで集客する事が出来るという点です。

また大手だけでなく、中小や個人ブログ等にも広告を配信する事が出来るという点も魅力の一つです。

いまや大手だけでなく、中小のウェブメディアや個人ブログも大きな影響力を持っています。

こうしたメディアに対しても広告を配信出来れば、よりピンポイントで広告を配信する事が可能です。

つまり広告のターゲットを柔軟に設定出来るという事です。例えば地元密着で商売をしている人の場合、離れた場所にいる人に広告を見てもらってもあまり意味がありません。

そこで地域や言語、興味や関心、粘性や性別等特に広告を見てほしいユーザーの属性を詳しく設定すれば、狙ったターゲットに集中して広告を出す事が出来ます。

特に年齢だと何歳から何歳までの人に広告を表示するという機能もついているので非常に便利です。

他にもテレビのコマーシャルと違い、低予算で出稿出来、なおかつ広告の管理や効果測定をする事も簡単に出来るというのもメリットの一つとして挙げられます。

グーグル広告(Google AdWords)はパソコンやタブレット等から出稿が出来る為、どこからでも広告を管理する事が可能です。

さらに1日ごとに予算を決めて、広告の効果測定も管理画面から簡単に出来るので、

広告を出してみていまいち効果がないと分かったらすぐに掲載を中止する事が出来るので無駄な出費を防ぐ事も出来ます。