グーグル広告のアカウント登録

グーグル広告とは

グーグル広告とは、世界的な規模で知られている大手検索エンジンのグーグルが運営している広告サービスのことです。

検索したキーワードに対する結果とともに出現するテキストの検索広告をはじめとして、

さまざまなウェブサイト上の記事中やタイトル上へのバナーを使ったディスプレイ広告、スマートフォンのアプリ内に表示されるモバイル広告など、さまざまな形態があります。

このような広告を活用すれば、店舗やサービスの内容をネットを使って幅広く顧客にアピールすることができ、契約数や売上の増加などに寄与します。

グーグル広告をはじめるにあたっては、まずはグーグル広告のアカウント登録をしておく必要があります。

この登録手続きにあたっては、さしあたりビジネス用のメールアドレスと自社のウェブサイトが必要です。

もしも独自のウェブサイトを持っていない場合には、グーグル広告のほかにもアドワーズ・エクスプレスとよばれる簡単なサービスがありますが、

この場合は作成した広告をどのように表示させるかなどの詳細については、すべてグーグルに一任というかたちになります。

登録そのものは簡単ですので、続いて登録から出稿の流れを確認します。

グーグル広告では、広告として掲載する内容の原稿を作成の上、予算を決めて広告を出稿し、具体的にインターネット上で表示させるという一連の活動のことをキャンペーンと呼んでいます。

そのためアカウント登録後、広告を出稿する上で最初にしなければならない作業は、このキャンペーンの作成です。

新規のキャンペーンとしては、1日あたりで投入する平均予算、広告のターゲットとなる地域、広告に適したキーワード、入札単価の上限などを設定することになります。

その上で広告に表示させたい文章を設定し、最後に支払いに関する情報、たとえばクレジットカードによる請求先などを登録しておけば、最初の広告の表示がスタートします。

グーグル広告はあらかじめ設定した検索キーワードに対してもっとも多くの金額を提示したユーザーが広告を表示させることができる入札制度を導入しています。

そのためキーワードによっては競争が激しく予算をすぐにオーバーしてしまうものもありますので、出稿したことで安心せずに、

常に広告の効果が出ているかどうかをリサーチすることがたいせつです。グーグル広告アカウントのページを開けば、広告の表示状況などについてのくわしいデータを確認できます。