グーグル広告:キーワードの洗い出し

キーワードの洗い出し

グーグル広告は、検索を始めとしたネットサービスで知られる、グーグルが提供する広告管理運用サービスです。

このグーグル広告を使うと、同社の検索結果上に広告を配信したり、リスティング広告が出稿できるようになります。

世界的に利用者が多い検索サイトで、しかもターゲットに合わせた広告が出せますから、費用対効果に優れる宣伝に期待できます。

グーグル広告の魅力はやはり、出稿できる対象の数が多く、ビジネス戦略に合わせた柔軟な計画が立てられることです。

検索ネットワークは検索結果に連動する形で、クリックされた回数と設定したクリック単価で費用が決まります。

クリックが発生しなければ費用も掛かりませんから、逆にいえば設定した回数と単価分のクリックが保証されることを意味します。

Googleディスプレイネットワークは、同社のメールサービスなどの画面上に表示されるタイプで、

分析されたユーザーの特徴に基づき広告が選択されます。

ショッピング広告は検索結果の内、商品リストという形で出稿が行えるサービスなのが特徴です。

商品名の使命検索に合わせ、広告が配信されるクリック課金型ですから、こちらも低予算で目的に合わせた広告が実現します。

グーグル広告の簡単な使い方としては、同サービスの公式サイトにアクセスして、アカウントを作成する方法が挙げられます。

基本的な登録作業が完了したら、次はキャンペーンの作成に進み、最初のキャンペーンを作成の項目を選択します。

画面上にもある通り、ユーザー向けにスタートガイドが表示されますから、指示に従って一つずつ設定していきましょう。

予算

予算は1ヶ月に支払える金額を上限に、一日あたりの予算を算出して単価を決めていくことになります。

出稿する対象のサービスや言語に期間を決めたら、いよいよ広告の作成段階に進みます。

ここでは見出しやキーワードの設定を行いますが、特にキーワードが広告効果を左右するので、慎重に選び設定する必要があります。

キーワードの洗い出しは、キーワードを選定する際における重要なステップで、グーグルなら公式のキーワードプランナーが使えます。

フレーズやカテゴリといった項目を使用して、新しいキーワードが検索できますから、良いキーワードが思い浮かばない時に役立つでしょう。

一方では、特定キーワードの検索傾向を調べる、というような使い方も可能なので、まさに広告の出稿を始めたり活用したい人の味方となります。