これからはじめるアフィリエイトの心得

ウェブサイトを作ってアフィリエイトを始めたいけどどうすればいい?

私がアフィリエイトを始めたときには、ウェブサイトを作る必要がありましたが

そのためにはまず無料のものか有料のものかを選ばなければなりません。

基本的に、商売をする以上はしっかりとお金をかけるべきと知り合いに言われました。

その友達は、アフィリエイトでそれなりに稼いでいましたので、

なかなか納得できるところがあったわけです。

確かに、いくらお金がかかるといっても、実際に会社を立ち上げるような金額がかかるわけではありません。

それで1年間に1万円程度のお金がかかる程度になります。

逆に、その10,000円がもったいないからといってお金を支払わないならばビジネス的に

うまくいく可能性は少ないと考えたわけです。

初心者だった私は、どのジャンルを選んだらよいのかなかなか見極めにくかったですが、

基本的に儲かるサイトと儲からないサイトの違いはまずジャンル自体の設定にあることがわかりました。

ジャンルを設定するときには、

サプリメントや金融の商品あるいは保険の商品などを中心にして調べる必要がありました。

逆に全くダメなのは鉄道模型や子供のおもちゃなどリピート性のないものやそもそも人々が

それを商品として発売しなくても困らないものだったわけです。

そのため、この商品がなければ人々が困るといった部分に着目すると良いと感じたわけです。

例えば、悩みにアプローチする商品に関しては多くの人が求めているところになります。

具体的に述べると、男性の商品としては髪の毛の毛生え薬などです。髪の毛に関しては、

非常に大きな悩みになる可能性が高いですが、

これを利用することにより結果的に男性の悩みが減少することがわかりました。

なぜ悩みにアプローチするかと言えば、人は悩んだものに対してはかなりたくさんのお金を使う傾向があるからです。

例えば、わたしが人に知られたくない悩みを持っておりそれを解消できる薬があるとすれば

おそらくお金がなくてもその商品を買うんでしょう。

極端な話ですが、商品を購入する場合には借金をしてでも購入したいと考えるはずです。

人間の悩みは、やはり奥が深いと感じました。

ただ、私自身が調べてみたところそのような分野に関しては既に開拓されていますので、

新規参入するならばかなり個性的な記事を書かなければなりませんでした。

サイトを立ち上げてから半年ほど経過した時、ようやく少しずつアクセスが集まるようになりました。

自分が興味のある分野を選んだことをうまくいった理由の1つです。

インターネットでビジネスをしたい

インターネットでビジネスをしたい、そう考えた時に思い至ったのがウェブサイトです。

いわゆる広告収入を目的とするビジネスで、アフィリエイトと呼ばれる仕組みに興味を持ちました。

私は全くの初心者だったので、専門的な用語は殆ど分かりませんでしたが、

報酬や収入に期待して勉強を始めました。

実際に挑戦して分かったのは、アフィリエイトは奥深く楽しいもので、

また同時にトレンドに追いつく大変さがあるということです。

ウェブサイトはSEOに対応する必要がありますし、定期的にコンテンツを拡充したりメンテナンスも欠かせないので、

継続するとなると難しい印象です。

しかし、最初は試行錯誤の連続が心を充実させてくれましたし、

収入が得られるようになるとモチベーションが上がったので、特に辛いとは感じませんでした。

勿論、結果ばかりを重視して追い求めていたら、モチベーションが保てず挫折していたかもしれないです。

幸いなことに、私はウェブサイトの構築やアフィリエイトのSEO対策に向いていた要で、

どれも楽しんで取り組めました。

ウェブサイトはテーマ選びから始まり、それに合うデザインや見せ方を考えました。

初心者向けの情報源や書籍を片手に、日夜夜遅くまで取り組んだことを思い出します。

今だからいえますが、これからアフィリエイトに挑戦したいと考える初心者には、

とにかく1つを完成させ形にするのがおすすめです。

その為には明確な目標を決めて、ゴールを一歩ずつ目指せるようにすることが大切だと感じます。

ウェブサイトの構築が完了できれば、後はコンテンツを作って追加したり、

適切な位置に最適な広告を貼るくらいで済みます。

当然ながら、実際はいうほど簡単ではなかったですが、

完全な初心者の私でもできたので、挑戦の意欲を持っている人には頑張って欲しいです。

現在では、異なるテーマを持つ3個の運営を手掛けていて、

いずれもアフィリエイトで収入が得られています。

季節や時期によって多少の上下はありますが、それでも一定以上の収入が得られていることは、

初心者だった頃の私からすると驚きです。

成功の方程式が確立できたわけではないものの、並行して違ったテーマに挑戦し続けたことで、

何か上手く行くヒントのようなものが見えてきました。

悩みながらステップアップ

今では誰でもテンプレートでブログが始められますし、

コンテンツのネタは世界中に膨大にありますから、

誰もが成功できるチャンスがある時代だと考えています。

始める切っ掛けや勉強できる情報源も沢山あるので、

迷っているなら取り敢えず挑戦を始め、

悩みながらステップアップしていくのが成功の近道となると信じています。

今ではアフィリエイトで月にそれなりの金額を稼げている私ですが、

最初から今のように稼ぐ事ができた訳ではありません。

稼げるようになるまでには様々な壁がありその度に苦労しましたが、

中でも最初一番大変だったのがアフィリエイトのネタを探すという事です。

どのジャンルに参入してもある程度は稼げると言われているアフィリエイトですが、

最初のうちは手当たり次第に色々なジャンルに参入しても記事のネタが中々見つからず、

いつも中途半端に終わってしまいました。

当時は探し方について色々調べてみて、ある程度色々な情報こそは見つかったものの

当時初心者であった自分にはピンと来ない事が多く、

中々稼げずに悶々とした日々を過ごしました。

アフィリエイトのネタをピンポイントで見つけられるようになったのは始めてから2か月程経った頃で、

この頃になるとどこに落ちているのかという事が大体わかってくるようになりました。

まず私がこの頃から実践したのが週刊誌を始めとして色々な雑誌を購入するという事で、

雑誌には今旬のワードというのがたくさん掲載されていてまさにお宝と言えます。

実際に雑誌の中で特に取り上げられているキーワードをリサーチして、

実際に需要がある事を確認してから記事を書く事でやみくもに

記事を書くよりも効率的にアクセスを集められます。

またこの方法は今でもよく実践しているのですが、

様々なQ&Aサイトを調べて実際の悩みをリサーチするという事で、

特に悩みの多い事に照準を絞り、そこからキーワードを拾い上げてサイトを作る事です。

この方法の場合雑誌で取り上げられているキーワードのアクセスに比べたら数こそ少ないものの、

それでもアクセスしてくれる人は見込み客となるため商品を勧めやすく、

上手く行った場合アクセス数が少なくても商品がたくさん売れると言ったケースもあります。

今ではこの2つのやり方を中心に様々な方法でネタを探す事をしていて、

もちろん当たる事ばかりではなく外れてしまったり既に先にたくさんのサイトが参入していて

中々上位表示できないと言う事もあります。

ですが根気よくネタを探してサイトを作り続ける事で必ずどこかで当たりが来るので、

その当たりが来るのを信じながら私はずっとサイトを作り続けています。

私は副業ですが副業で月にある程度まとまった金額が入るようになると生活の安心感が変わってくるので、

最初は苦労しましたが今ではアフィリエイトを初めて本当に良かったと感じています。