コンテンツSEO初心者のための基礎知識:覚えておきたい!コンテンツSEO関連用語

コンテンツSEOが覚えておきたいSEO関連用語

1.基本中の基本「コンテンツSEO」

コンテンツSEOはインターネットの世界で絶大な影響力を誇るグーグルの検索基準変更によって生まれた新しいWebマーケティング手法です。

従来の外部リンクに頼ったSEOから脱却しサイト内部のコンテンツを充実させることで集客を行うことを目的としています。

これは従来方式のSEO対策の効率化が進んだ結果、インターネット上で検索順位を上げるためだけに作られた無価値なデータが氾濫するようになったからです。

そのためグーグルは検索基準を変更し、アクセス数やリンク数だけでなくサイト内に存在するコンテンツの質と量を重視するようになりました。

これによりWebマーケティングは小手先の工夫だけでなくより本質的なコンテンツの充実が求められるようになったのです。

ただし従来最も優先されてきた外部リンクが無意味となったかといえばそれは違います。

サイト内のコンテンツが一定の要因を満たしていれば外部リンクは現在もSEO対策として有効です。

 

2.既に時代遅れとなった「ワードサラダ」

ワードサラダは従来型SEO対策全盛期によく用いられた自動生成テキストです。

「インターネットは購入価格の金属製品が福祉目的で効率化されている」といったものがその一例となります。

人間の目から見ればこうしたテキストは理解不能で無意味な文字列です。

しかしかつての検索順位を決定するプログラムにはこうしたワードサラダが一定の効果を発揮し、無意味な文字列がより優れたコンテンツよりも上位に表示されるケースがあったのです。

しかし現在ではプログラムの改善によりこうしたワードサラダは無価値なノイズとして判断され、検索順位を上げるどころか下げる原因となります。

プログラムの判定基準がより人間寄りのものに近づいたコンテンツSEO時代では、自動生成により機械的なコンテンツの量産がもたらす効果は低下しており、より本質的なコンテンツの拡充が必要になっているのです。