コンテンツSEO初心者のための基礎知識: SEOとコンテンツマーケティングの違い

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは重なる部分はあるものの、この二つには明確な違いがあります。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、記事の内容よりは検索結果の上位に表示されることが主たる目的で、俗に言う検索エンジンの最適化です。

検索サイトのアルゴリズムに合わせてWebサイトを構築し、任意のユーザーが特定のワードで検索した際の検索順位を高めることが最大の目標となります。

具体的には被リンクの増加や最新の情報への更新、モバイルユーザビリティの向上等があげられ、近年はtwitterやFacebookなどのSNSを使い

、連携しての集客も必要となっています。タイトルと記事の内容の関連性や、記事内のキーワードの使い方もよく考えなければなりません。

Webサイトに訪れたユーザーの離脱を防ぐため、関連記事や新着記事を表示することも大切です。

これらはすべて検索結果の上位に表示されるための施策で、コンテンツマーケティングとは明確に異なりますが、

長期的には記事の内容も重視されるため重なる部分があります。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、記事を閲覧するユーザーにとって適切なコンテンツとすることが目的です。

Webサイトの訪問者は固定客だけでなく自然検索でたどり着く人もいますから、潜在的な顧客もターゲットとなります。

世代や性別、職種や趣味、家族構成等によって欲する記事は変化するため、まずはターゲットとなる訪問者が興味を示す記事を提供しなければなりません。

そのうえでどう売上に結びつけるかがポイントであり、その後の段階も含めて総合的な戦略が必要となります。

記事の内容には説得力が必要となるため、詳細な資料や具体的な数値を提示することも重要です。

あまり複雑になりすぎると、顧客によっては記事全文に目を通す前に集中力が途絶えてしまいますから、

文字だけでなく画像を効果的に利用するなど細かい演出も必要とされます。

質の高い記事を提供し続ければ最終的には固定客となるため、コンテンツマーケティングは重要な意味を持ちますが、

流入する人がいないことには始まりませんから、コンテンツSEOと組み合わせた施策が求められます。