コンテンツSEO初心者のための基礎知識:コンテンツ 作成にSEOを反映させる方法

コンテンツSEO

まず、コンテンツSEOとは、質の高いオリジナルのコンテンツを継続して作成したり追加することで検索エンジンからの自然流入を増加させる集客方法です。

リスティング広告などとは違い、コンテンツを一度でも作成してしまえば、継続してサイトへの流入を稼ぐことができるというものです。

このSEOへの反映を可能とするための方法を解説します。重要なのが、適切なキーワードの選定です。

自分が思いつくままに好きな言葉を並べただけでは、大きな成果を得るには難しいです。

しかし、多くの人がよく調べているキーワードを知ることで自分のサイトへのアクセスアップに繋がることができます。

具体的なツールとして、グーグルのキーワードプランナーなどを活用することをおすすめします。

実際にグーグルという大規模な検索サイト内での検索されているキーワードを絞り込むことができるので、非常に有効です。

また、数値化して詳細な情報まで手に入るので、信頼できるものとなっています。

キーワードを選定する基準

この中で、キーワードを選定する基準というものも大切です。どういった数値を参考にするべきなのかというところを解説します。

有効と言えるのが、月間平均検索ボリュームです。指定したターゲット設定で対象キーワードが検索された平均回数が表示されるというものです。

地域と検索ネットワークを設定し、12ヶ月間の平均値を知ることができます。これを活用してニッチなキーワードを選ぶと上位に選ばれる可能性が上がるのですが、

ある程度の検索数がなければ、より良い記事でも多くの誘導を見込むことができません。

このことから、ある程度の検索数は必要なので、100〜1000以上のキーワードを選ぶといった基準を自分で作ると便利です。

そして、素晴らしいキーワードと出会えた時には欲張らずにしっかり記事を書き込みます。

1記事につき1キーワードという原則を守って記事を作成していきましょう。複数のキーワードを使用すると、検索数がぶれてしまうのでご注意下さい。