【初心者でもわかるコンテンツSEO】ユーザーに伝わりやすい文章を書くときのポイント

有益な内容をそろえるコンテンツSEO

検索順位を上げる方法として文章の多さが重視されていた時期もありましたが、
量だけでなく質の高さを求められるように変化してきました。
つまり、ユーザーにとって有益な内容をそろえるコンテンツSEOを強く意識する必要があるのです。
そう言われると、高度な記事をたくさん書く必要があるのだと勘違いする人も見受けられます。
たしかに他にはないような希少性の高い記事も有益といえますが、
それよりも多くのユーザーに読みたいと感じさせることのほうが大切です。
そのためには、伝わりやすい文書を執筆するテクニックを身に付けなければなりません。

基本的なポイント

基本的なポイントとして、一文の長さを適度にすることが挙げられます。
一文に含ませるメッセージが多くなるにつれて伝えたい真意がぼけていくので、
2つ以上のメッセージを込めないというのが原則です。
この原則はとても有名であるため、Webの記事を書く人の多くは実践できています。
しかし、これを拡大解釈して短文を連発している人もいるので注意しなければなりません。
短すぎると読んでいるときに意識を何度も区切られることになり、ユーザーは疲労感を覚えることになってしまいます。
ユーザー自身もなぜ疲れるのか理解できず、本能的にそのサイトにはもう訪れたくないと感じてしまうのです。
そのためメッセージの枠を少し緩めて、関連するメッセージを一文にまとめるテクニックが重要となります。

インパクトを持たせたいときは30文字以下

記事のテーマや読者層を考慮して調整する必要がありますが、目安としては平均して60文字ぐらいになるように調整すると良いでしょう。
もちろん、この数字にこだわりすぎず状況によって柔軟に対応していかなければなりません。
インパクトを持たせたいときは30文字以下で言い切ることも有効ですし、
記事の核心でたたみかけるように情報を提供したい場合は80文字以上にしたほうが良い場合もあります。
同じ長さで淡々と続けると、まるで人工知能が書いたような調子になるので注意してください。
文の長さや起伏を変化させてメリハリを付けることで可読性が上がり、メッセージが伝わりやすくなります。

ターゲットを絞る

また、ターゲットを絞ることも忘れてはいけません。
誰に読んで欲しいのかを最初に明確にしておくのがポイントです。
たとえば、新製品のパソコンを紹介する記事を書きたい場合は、
ターゲットを素人と玄人のどちらにするのか決めなければなりません。
素人であれば直感的に使えるインタフェースや初心者向けの便利なソフトについてたくさん言及するのが得策です。
それに対して玄人をターゲットにしている場合は、CPUやメモリなどパソコンの詳細なスペックを紹介したり、
通信やセキュリティに用いられている規格などにも触れると良いでしょう。
これを逆にしてしまうと、パソコンの良さを伝えようとしても、そのような実感を持ってもらうのが難しくなります。
ターゲットが理解できるレベルや知りたい内容を推察して、それに合致した記事を提供していくことが重要です。
また、具体的な例をうまく挙げることも伝わりやすくするためのポイントになります。
上記ではパソコンの例を挙げましたが、これによってターゲットを絞る重要性がすんなりと頭に入ってきたという人もいるでしょう。
例を挙げることは内容を把握しにくい人のサポートになるだけでなく、
説明だけで把握できたと感じていた人が理解に間違いがないか確認することにも利用できます。
そのため、少なくとも書いていて内容が少し難しいと感じるところには、積極的に例を挙げていくスタンスが求められます。
ただし、例が多くなりすぎると読んでいて進まなくなるので、1つのメッセージに対して1つまでに留めるように気を付けましょう。

Posted by さと