【初心者でもわかるコンテンツSEO】コンテンツSEOでよく聞く「バズる」記事とは?

「バズる」記事

コンテンツSEOでよく聞く「バズる」記事とは何かというと、

短期間で爆発的に読まれ注目された記事の事です。

まず「バズる」とは、英語の「buzz 」からきており、

人が噂するとか口コミという意味の用語が動詞化されたものです。

ある特定の物事やキーワードが、インターネット上で瞬間的に沢山のユーザーに取り上げられるとバズッた事になります。

バズると、短期間で沢山の人の注目を集める事が出来る為個人や企業はマーケティング手法として利用する事も少なくありません。

こうした口コミや拡散を狙った手法の事をバズマーケティングと呼ばれています。

上手くいけばPVや登録件数が向上したり、

商品の購買やサービスの利用、さらにはブランド認知の向上にもつながります。

しかしどれ位話題になればバズッたのかは基準や定義がなく、

影響力が強い人が書いたものと一般的なユーザーが書いたものでは、もともとのフォロアー数が違うので、

当然話題になる確率も異なります。

その為普段見てくれている数の数倍のアクセスがあればバズッたという判断で問題ありません。

では具体的にバズる記事の書き方はどうすればよいのかというと、

いくつかポイントがあります。まずオリジナリティーのあるものを書くという事が重要です。

どんな分野の記事を書くにしても、よくある文体や内容では、多くの人の目にとまりません。

そこで自分にしかかけないような文体や切り口で書く事で始めて注目してもらえます。

インターネットを一度開けば、膨大な量の情報が溢れています。

なんでもないよう物を書いていてはその中に埋もれてしまいますので、

とにかくオリジナリティーというものを大切にしましょう。

また明快であるという事も大切です。

バズる記事の特徴

バズる記事の特徴は、検索経由で読まれているものとは全く性質が異なります。

検索経由の場合は、基本的に何かを調べてたどり着いたという状態です。

一方バズッたものは、何か調べてたどり着いた人ではなく、

何か面白いものはないかとネタを探している人が読んでくれたという事が多いです。

その為タイトルも20文字以内で短くまとめ、

さらに誰でも知っているような単語を並べるようにすると、

目をとめてくれる人が多くなります。

他にも極端な内容を書くという事も重要です

。世の中は非常に複雑な為、白か黒か単純に分ける事は出来ません。

だからといってある出来事に対して、うやむやな内容に終始していたら、

結局何を言っているのかが分からないので、多少強引でも極端な結論を書く事も大切です。

もちろんそれがあまりにずれていると炎上する恐れがあるので注意しましょう。

それから外部の転載サイトを利用するという事も大切なポイントです。

元々沢山のフォロアーがいる有名人であればわざわざそんな事をする必要はありませんが、

一般の人の場合は元々読んでくれる人数が少ない為バズらせる事は難しいです。

そこで外部の転載サイトを利用するというのは非常に有効になります。

何故ならこういったサイトは毎月沢山の人が見ているからです。

それぞれのサイトに有名人がいるので、転載されたものには目を通してくれる人も多いので、

自分だけで頑張るよりも、外部の力を上手に借りて環境を整えるという事も非常に重要です。

あと情報の波に上手く乗るという事も忘れてはいけません。

インターネット上では常に新しい情報が更新されています。

その為沢山の人が今どのようなものに関心を持っているのかという事を見極めるという事も必要です。

これが出来ないといくら魅力的な文章を書いても誰も読んではくれません。

そして文章だけでなく、写真や動画を載せるという事も大切です。

文章だけではユーザーにとっては何の面白みもなく、興味をそそられませんし、読んでいて飽きてしまいます。

そこで画像や動画を少し付け加えるだけで、ユーザーは飽きずに最後まで読んでくれて、拡散しやすくなります。

Posted by さと