グーグルアドセンス基礎編:不正クリックについて

不正クリック

グーグルアドセンスにおいて、不正クリックはサービスの根幹を揺るがす要因なので、厳しく禁止されているものです。
不正クリックには種類がいくつかありますが、最も基本的なのは、アドセンスを利用している本人自身がクリックする方法です。
うっかりクリックをしてしまった場合は不正にあたりませんが、意図的に連打をするなどは不正に該当する恐れを強めます。
また、端末や回線を変えて他のユーザーだと偽ったり、誰かの協力を得てクリックしてもらうのもご法度です。

前者は悪質だと判断されやすいですし、後者は思いの外あっさりとバレてしまうので、アドセンスに不正クリックは通用しないと考えた方が良いでしょう。
他にも、いわゆるProxyを通して海外などのIPで広告にアクセスしたり、他人の端末にソフトウェアを仕込んで、自動的にクリックさせるなども不正クリックです。
アドセンス関連のサービスの中には、有料でクリックしてもらえるものもあるようですが、当然ながらこういったサービスを利用したクリックは禁物です。
場合によっては、支払った代金を損するばかりか、アドセンスで得られる収入すら失ってしまうので、興味を持っても近付かないのが賢明です。
一方では、賛同者を集めてお互いのアドセンスをクリックし合う、そういった集まりがあるのも事実です。
しかし、広告の閲覧ではなくクリック、そしてその先にある収入を得るのが目的ですから、これも不正クリックだといえるでしょう。
グーグルとしては、広告のクリックから広告主の利益を生む必要があるので、不正クリックには厳しく些細な抜け道も逃さない傾向です。
まず巧妙に騙すのは不可能ですし、何より得られるものより失うリスクの方が大きいですから、アドセンスの不正クリックは避けるのがベストです。
アドセンス提供元のグーグルは、IPアドレスやブラウザのCookieに、クリックのパターンとクリック率を含めて、総合的に不正クリックを判定しています。
判定アルゴリズムは高度な上に日々進化を続けていますから、不正はいずれ暴かれるものと考えておくのが無難です。